やっぱり食事は重要!介護施設の給食の基礎知識を初心者にも分かりやすく解説

このサイトでは、介護施設で提供されている給食についての基礎知識を紹介しています。
高齢者向けの食事というと質素なイメージを持ってしまいがちですが、施設で日々過ごされている入所者にとって食事は重要な役割を担っており楽しみのひとつでもあります。
また食事の満足度によって充実した毎日を送れるかが変わってきますので、味や見た目はもちろん栄養バランスにも配慮された食事や、固定観念にとらわれない多様なニーズに対応した食事が提供されています。

やっぱり食事は重要!介護施設の給食の基礎知識を初心者にも分かりやすく解説

介護施設の給食の基礎知識について紹介します。
介護施設では、味や見た目にこだわり手間や心をこめた給食が提供されていますが、入所者の中には加齢にともない病気や嚥下機能の低下してしまい普通の食事を食べることが難しい人もいます。
そんなニーズに個別に対応した介護食や療養食なども提供されています。
味つけも普通の食事とさほど変わらないように工夫がされていますので、安心して食べることができるでしょう。
また栄養が偏らないようにバランスにも配慮されていますので、健康に日々の生活を過ごしていくうえで大切な要素のひとつといえます。

介護施設の給食の基本をおさえておこう

介護施設での給食についての基本を解説していきます。
介護施設での給食は、三食ともに施設内の厨房で作られることが一般的です。
作る人はその施設の従業員である場合と、外部の業者さんが社員食堂のように施設の厨房を借りて作る場合の二種類があります。
おやつも厨房で手作りしているところもありますが、おせんべいやクッキーといったゼリーといった既製品を出す施設もあります。
介護施設においては、管理栄養士が考えたメニューが提供されることが一般的です。
お一人お一人のお体の状態に合わせた食事が提供されます。
アレルギーに対応してくれることはもちろんですが、他にも配慮されたご飯を食べることができます。
肉や魚などが食べられない方のためには、代替メニューが用意されます。
また固いものや大きいものが食べにくい方のために、あらかじめ食べやすい大きさに切ったり刻んだりすることが可能です。
ご飯はおかゆにしてもらったり、「軟飯(柔らかいご飯)」を選ぶことができます。
またご病気に合わせて、高血圧の方のための「減塩食」や、腎臓がよくない方のための低たんぱく食などの治療食も提供されます。
どこまで個人のニーズに合わせてもらえるかは施設によっても違いがあるため、事前によく確認しておきたいポイントの一つとなります。
食事は毎日の大きな楽しみですから、入居後に後悔しないように納得できる施設を選びたいものですね。

介護施設の給食費はどれくらいなの?

介護施設では多くの高齢者や身体の不自由な人が生活をしているような特徴がありますが、当然ながら生活をしていく中で食事も欠かせない存在になってきます。
大体の場合は学校と同じように給食のようなスタイルで提供されることになりますが、どのぐらいの費用がかかるのか気になるかもしれないです。
基本的に介護施設によっても大きな違いはありますが、数百円ぐらいが大体の相場になってくると考えられます。
介護食の場合は高齢者などの人達が安全に食べるために細かくカットをしたり、柔らかく食べやすい状態に加工をしたりするので、通常よりも調理に時間と費用が多くかけることが必要になる筈です。
若い人であればスムーズに食べることが可能な内容でも、高齢者になると喉に詰まってしまうようなこともありますから、安全に食べられるようにするには多少のコストをかけるのは仕方がないことになると考えられます。
高級な介護施設になると寿司を食べられたりするケースもありますが、一般的には数百円程度を負担すれば食べられる筈です。

介護施設が豪華だと給食も豪華なの?

自分の年齢が高齢になるにつれて、将来の生活を考えて施設に入居することを検討する人も多くいます。
子供が親の世話をするために施設を選ぶだけでなく、自分自身が子供に負担をかけないために自ら入所を選ぶというケースも多いです。
実際に介護施設には様々な種類がありますが、その中でも高級な施設なども増えてきています。
老後の資金を施設入所に利用することで、生活する住居だけでなく食事やいざという時も様々な介護が利用出来るのが魅力です。
介護施設において豪華な環境だと給食も豪華なのか気になりますが、ポイントとなるのが献立の決め方が変わるという点にあります。
一般的な施設であれば入所者の方の食事は基本一緒ですが、高級な施設であれば献立をリクエストしたり身体の健康面にあわせたメニューを提供してもらえるという点です。
自分の好きなメニューをリクエスト出来たり、血糖値やカロリーなどを考慮したメニューを用意してもらうなどサービスが充実しているといえます。

介護施設の給食はどこで作られているの?

老人ホームや高齢者住宅、さらにはデイケアーセンターなど日本国内には色んな介護施設が存在するようになりました。
超高齢化社会となったことで、政府では65歳以上の後期高齢者に対して手厚い保障をなされるようになったわけです。
施設を利用するには介護保険が適応されるため、自身で負担をするコストも非常にお安いものです。
介護施設をこれから使おうと思われている方も多いでしょうが、その際に気になるのが提供される給食はどこで作られているのかという点でしょう。
その場所は大きくわけて2パターン存在します。
まずは介護施設内の厨房であり、調理スタッフが毎日作業をされるわけです。
もうひとつが外部の給食会社であり、こちらでは弁当スタイルで運び込まれる傾向になります。
前者は規模が大きな介護施設で、とくに老人ホームで多い傾向です。
後者は通所型でスペースが限られているところであり、配膳作業のみで終わるのでスタッフの数も限られたところです。

に関する情報サイト
介護施設の給食の基礎知識

このサイトでは、介護施設で提供されている給食についての基礎知識を紹介しています。高齢者向けの食事というと質素なイメージを持ってしまいがちですが、施設で日々過ごされている入所者にとって食事は重要な役割を担っており楽しみのひとつでもあります。また食事の満足度によって充実した毎日を送れるかが変わってきますので、味や見た目はもちろん栄養バランスにも配慮された食事や、固定観念にとらわれない多様なニーズに対応した食事が提供されています。

Search