介護施設の給食は栄養バランスも抜群

介護施設の給食は栄養バランスも抜群

60歳以上の高齢者が入居してくる介護施設なので、当然食事に関しても最大限の配慮がされています。
例えば、歯がほとんど無くなってしまった方でもしっかりと食べられるように柔らかいものを中心にしてもらえたり、栄養バランスを考えた健康的なおかずだけをだすように努めているところもあるので安心です。
昔は介護施設の給食はまずいと不評でしたが、最近はどんどんサービスの向上がされるようになってきており、様々な意見を参考にしながら質の高い食事を提供できるまでに改善してきているので心配する必要はないでしょう。
また、高齢者になってくると毎日の栄養バランスが非常に大切になってくるので、栄養管理士を雇ってしっかりとメニューの選考をしているところがほとんどになります。
給食が美味しいと感じることができれば更に暮らしが充実してきますし、日々のストレスを軽減してくれて生きる喜びを感じられる要素にもなっていくので、できるだけ質の高い食事を提供してくれる介護施設を選ぶようにしてみてください。

介護施設で給食の献立を考えるなら栄養士が必須

介護施設では毎日食事を提供していますが、その給食の献立を考えるのは大変です。
また、何とか食事メニューを考えた所で、それが栄養的にどうなのか、旬の野菜等を使って安価に作れるのか、そういった面まで考慮しなければなりません。
他にも、アレルギーを持っている人が居たり、好みの問題でどうしても食べられなかったりと、調理方法にも気を遣う必要があり、最低でも料理経験が無いと一週間の献立を計画する事すら大変です。
そこで介護施設では、栄養士を雇う事が必須となります。
一般的に介護施設では高齢の入居者が多く、高齢者はその他の人と比べるとどうしてもカロリーは低めで消化の良い物が優先されますが、その中でも必要な栄養を摂らなければいけません。
施設一つ一つ単位で考えるのは大変なので、グループ化しているならそのグループでは同じ献立でも問題はないので、栄養士が一人居ればファックスやメール等を利用して、その献立を共有する事で介護施設一つ一つでの負担を減らす事が出来ます。

に関する情報サイト
介護施設の給食の基礎知識

このサイトでは、介護施設で提供されている給食についての基礎知識を紹介しています。高齢者向けの食事というと質素なイメージを持ってしまいがちですが、施設で日々過ごされている入所者にとって食事は重要な役割を担っており楽しみのひとつでもあります。また食事の満足度によって充実した毎日を送れるかが変わってきますので、味や見た目はもちろん栄養バランスにも配慮された食事や、固定観念にとらわれない多様なニーズに対応した食事が提供されています。

Search