介護施設の給食は味ももちろん美味しい!

介護施設の給食は味ももちろん美味しい!

介護施設の給食は施設によって異なりますが、施設内で作っているものと外部から届けてもらうお弁当などがあります。
介護施設では色々なかたが入所しているため、ご病気をお持ちのかたであれば、介護食など提供されたりするところもあるようです。
それであっても、昔とは違い見た目も良く美味しい料理が提供されるようになってきました。
毎日の献立メニューも健康に気遣われたものばかりです。
外部からの配達弁当であっても、塩分控えめ食や、やわらか食なども増えてきました。
給食は楽しみの1つでもあり、元気に繋げるものでもあるため、年々ご時世などにも合わせて変化をしてきています。
施設内に調理場等があり、その場で作って提供するところは意外と多くあり、手作りを出来立てで味わえ、まるで自宅にいるような感覚であったり安心感や元気を与えてくれるため、人気が高くあります。
お弁当提供であっても、温かいままお届けしてくれる弁当は食べやすく好まれる味付けやメニューなどで喜ばせてくれます。

介護施設の給食の見た目を重視することは重要

介護施設の給食を見たことがありますか。
高齢者の疾患や年齢、障がいなどに応じて、給食の形態を考えなくてはいけません。
そのため介護施設で食事を提供することは簡単ではないのです。
例えばとろみをつけた物や、ミキサーの物。
また刻んだものなど、見た目がなんの食べ物かわからないというときもありますね。
それでは、いくら高齢者でも食欲が減退することもあるでしょう。
食事をとるときの基本の一つ。
それは見た目を重視することなのです。
視覚的においしそうと感じることが出来たら、食欲もわいてきますね。
あまり食べたくないなあと、食が細いなあという高齢者がいても、今日はいつもよりも食べてくれたという場合もあるのです。
介護施設の食事というのは、一つの売りにもなることであり、介護施設を選ぶときの基準にもなります。
高齢者だからというのを意識するのではなく、おいしく食事をするときの基本というのを考慮して食事を作る、そして提供するところを選ぶとよいでしょう。

に関する情報サイト
介護施設の給食の基礎知識

このサイトでは、介護施設で提供されている給食についての基礎知識を紹介しています。高齢者向けの食事というと質素なイメージを持ってしまいがちですが、施設で日々過ごされている入所者にとって食事は重要な役割を担っており楽しみのひとつでもあります。また食事の満足度によって充実した毎日を送れるかが変わってきますので、味や見た目はもちろん栄養バランスにも配慮された食事や、固定観念にとらわれない多様なニーズに対応した食事が提供されています。

Search